ニッポンの110、09年09月で終了

あ、なんかこのタイトルだと110番通報が終わっちゃうみたいな、そんな受け取られ方もありそうですけど違います。

タイトルにある110はおまわりさんを呼ぶときの電話番号ではなく、写真フィルムの種類の事です。110とかいて「ワンテン」と呼ばれてます。国内ではFUJIFILMが細々と国産品110フィルムを作り続けて来たんですが、2009年9月を持って販売終了を発表してました。

FUJIFILM | お知らせ
110(ポケット)フィルム「フジカラーSUPER G100 12EX」「フジカラーSUPER G100 24EX」販売終了のご案内

昭和50年頃にポケットカメラを持ってスーパーカーやブルートレインを追っかけたり、修学旅行に持って行った経験のある世代の人たちは、その頃を思い出す、どころか、まだ作ってたんかい!とツッコミすら入るかもしれません。結構持ってたと思うんだけどなあ、特に男子。

ま、酔った勢いでオクでポチポチしてしまったおかげでPocket FUJICAを2台(どっちも落札価格より送料のが高かった)持ってるワタクシの立場からとして、やはし国産品がなくなるのはさびしいな、と。思ったわけです。あ、BABY HOLGAっつうのも持ってるんだ。そういや。

冷蔵庫の中見てみれば、勢いで買った在庫がまだあるし、ハリネズミみたいなトイカメラの世界じゃ現役だからSolarisとかの輸入品がヴィレバンなんかで手に入るはず。モノとしてはまだ焦る必要はないや。その時が迫って来たらたぶん何本か買うことになるし。

それよか、09年9月以降に現像の取扱いが減ってしまう事が心配。
Pocket FUJICAで昭和50年代気分の写真を撮るっていう楽しみも大事にしなきゃいけないか。

PF01000710310711_2s ph01000707013226_9s ph01000707013226_14s bh0200070108_1
bh0200070108_15 bh0200070108_20 bh0200070108_19 bh0200070108_16