2012【厳選】信州セルフ土産アーカイブ

2012年も押し詰まってきました、ということで一年間信州から戻るたびに持ち帰ったセルフ土産のまとめで今年も締めますよ。

えーと、数えてみるともうこのネタももう四回目になりました。
2008-2009年版
2010年版
2011年版
 
まあ、信州の冬も5回目になるんだからあたりまえですけども。
恒例に従いましてこのエントリーの趣旨は、

「ヒトサマに差し上げる土産物」
 ではなくて
「ワタシの物欲を刺激したモノ達」

ということになっております。
さすがに5年目にもなると定番化したものも増えてきてますが、思い出深いもののピックアップと全品紹介です。

まずはピックアップから。
杏の旬を捉えられたのは初めてのことでした。旬が長くないし他の果実と比べると量も少ないので印象深いです。

これはジャム用
これはジャム用

そのまま喰えるハーコットという品種
そのまま喰えるハーコットという品種

大当たりといわれた下原のハート印のスイカもうまかったですなあ。

4Lとかとんでもなくでっかいサイズが全面的にすげえ甘いとか
4Lとかとんでもなくでっかいサイズが全面的にすげえ甘いとか

矢島製パンとの出会いは来年以降にネタとして掘り下げが期待されるところ。

パッケージのコピーに心をつかまれたら負けです。
パッケージのコピーに心をつかまれたら負けです。

キリがないので残りは羅列。1月から12月までほぼ時系列になってます。
こうやってみると結構季節感出てます。繰り返し出てきます。

皆さんよいお年をお迎えください。来年もよろしくですよ。