沖縄県医療ポータル「かなさん」β運用開始。

や、沖縄に限らず地方の医療って大変そうに見えます。過疎だったり、医師がいなかったりで。ただし、沖縄は地域が海で分断されてるから、それぞれの地域内の医療どおなってるか、っていう把握が重要なんじゃなかと。

で、県内の医療機関への営業活動してるうちに、地域に根ざした医療やサービスを行っているお医者さんがいることに気づいたオープンインタフェース沖縄という企業が、これを伝えるために沖縄に特化したポータルサイトを設立した。と。
http://kanasun.com/

詳しくは11月22日那覇経済新聞、
http://naha.keizai.biz/headline/268/index.html
沖縄県内3300の病院と診療所の情報のポータルとしてβ版が20日に開設されてます。β版だからか来年4月末までは情報登録料無料。現時点で「Yahoo!ヘルスケア – 病院情報」を凌いだ登録数で今後登録される情報が増えればポータルとして期待で来そうですね。その上で、Y!がやってる条件指定検索とか、医薬品情報とのリンクとか、地域にこだわるのなら、介護、送迎、調剤薬局なんかの情報がリンクされると、かなり内容に厚みが出そうですね。課題は充実ってことで。