沖縄への観光客の声を「聞いて」みましたよ

沖縄県が観光客満足度調査から得られた高い評価や不満などの「観光客の声」を「観光関連業界にサービスの改善や営業展開のヒント」にしてもらうためにHP上で公開していると知ったのでちょっと見てきました。

⇒琉球新報 2006年11月23日:
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-19122-storytopic-4.html
「観光客の声」の概要?平成18年度「観光客満足度調査」自由意見(上半期分)から?

一番多かったのは交通に対する不満で渋滞とかバスがわかりにくいとか(電車の便が悪い他の地方都市だって一緒じゃんねえ)、それから国際通りが画一的とか(そりゃ国際通りしか歩いていない人なんじゃないの?)、空港の手荷物検査が長蛇の列とか(夕方の時間帯ならバス単位でバッチで客が流れ込んで出発客が集中するから当たり前じゃんねえ)が中心だったのはやはし「観光客」としての沖縄への入り込みかたがツアー形式の団体行動がまだまだ多くて、個人の判断によらない旅の行動様式が原因じゃないかと思うわけです。

んで、感じたのは、沖縄が沖縄であり続ける為には、日本中、どころか世界中どこに行っても人様の判断で「旅もどき」な行動(要するに団体行動)をしている多くの日本人が持つ「観光地の尺度」から生まれた意見なんてほっとけばいい。と。そんな声を聞いてたら、沖縄が「日本のフツーの観光地」になっちゃうよ。ということです。

全体の中で共感できたのは「◎不便さを解消するのではなく魅力に変える街づくりが必要」という項。あえてこの項全文引用。

「手間ひまがかかるものやこと、不便さを感動に繋げる演出。そこでしか体験できないこと(青い海、グスク、戦跡地、他)や、その季節にしか体験できないことなど、「特別」ということを演出する」(関東・30代女性)

「沖縄には、戦跡地や、美しい自然など護って行くものが多いと思います。それらを護りながらも、旅行者が観光しやすいように整備して行くというのは難しいことと思います。多少不便でも守るべきものは大切にしていってもらいたい」(関東・30代女性)

「このままを維持してください。不便なところは不便なままでいいので」(北海道・20代男性)

「本当にすばらしいところがたくさんある。すべてを簡単に見て回れないのもその楽しさのひとつ。このままであってください」(北海道・20代女性)

「沖縄独特のものを残し、すべてを観光地化しないでほしい。観光客が増えることで、自然環境が破壊されていくのではないかと心配。多少不便でも現状を維持してほしい」(九州・30代女性)

「沖縄らしさをなくしたくないので、高速などを充実させるのはなんか嫌だけど、せめてもうちょっと早く南から北に移動できる手段があると便利。でも時間がかかるからこそ沖縄、旅行というかんじがするので、文句ありません」(関東・20代女性)

もともと沖縄っていうだけで観光地としての実力があるんだからその長所を伸ばせばいいんじゃないかと。海と自然と独自の文化。それだけでいいんじゃないすか。

だってサービスや利便や快適ってカネで買えるから。買える人はもうとっくに買ってますよ。
その辺は沖縄県だってけっこう認識しているはずで実際に、付加価値観光調査とか始めてるじゃないすか。
⇒琉球新報 2006年11月21日:
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-19061-storytopic-4.html

このブログでもネタの合間でちょろちょろ云っているようにワタシらのようにろくに沖縄にカネを落とさない慣れた客十人より、単価の高い買物をしてくれるリタイア世代のイチゲンさんお一組様を相手してる方が経済面(商売上ともいう)では貢献しちゃうと思いますよ。とにかく観光関連業界の人には、多様性のある発想を持ってほしいと切に思う今日この頃なのだ(ぱくり)。

Technorati Tag::沖縄 沖縄旅行 沖縄観光 調査 統計

沖縄への観光客の声を「聞いて」みましたよ」への2件のフィードバック

  1. ディズニーランドが儲かってるのは、リピーターをターゲットにしたマーケティングをしてるからなんだよね。沖縄もそのへんよーく研究してほしいものであります。

    それにしても、サニさんが共感できる意見として引用したもののほとんどが、20~30代の女性、ってとこが興味深いです。やっぱこの世代がいちばんよくわかってるんじゃないのかねぇ。

  2. や、ひとり男性も混じってますよ。

    引用部分は全てに共感ってわけじゃないんですけども、大まかに大体云ってることに共感できるかなと思った部分なので。

    かなり主観な勢いでエントリーしてしまったわけですけども、これもひとつワタシの想い、ということでひとつ。

コメントは停止中です。