カップ酒の旅路022(ヒダの深い味)

首都圏からだとアクセスがややこしいけど信州拠点ならひょいっといけちゃう飛騨地方までカップ酒を堪能しに行ってはみたものの、もっとうまいものにやられてしまった記録。

ひょいっといけちゃう、とかいいながらいざ向かおうとするとまっすぐいけなくてルートに悩みながら、向かった先は日本三大名湯といわれる温泉場。

下呂温泉の片隅でひっそりと生き続ける辰っちゃん漬け人形

 

歴史の深い名湯に対して大変失礼なことですが、個人的に子供のころからこちらの温泉の地名を音読した時の「韻」がツボに入りがちで、実際この土地に入ってみたらばなんかおちつかないったらありゃあしなかったです。

字で読む分には何ともないんですよただものでないバス停げろぐるっていう韻がなあ。

 

温泉場としては町が広すぎず程よくまとまっててぶらぶらするにはいい感じです。

Source: via なんせい on Pinterest

 

ぶらぶら歩きまわってお酒を入手。
柄に合わず国際観光旅館というところにお泊り。

国際観光旅館の夕食国際観光旅館の夕食国際観光旅館の夕食国際観光旅館の夕食
国際観光旅館の夕食国際観光旅館の夕食国際観光旅館の夕食

 

たらふく頂いちゃったあとで、町をぶらつきながらちょいちょい買い拾ったヤツを開封。

奥飛騨の酒天領ふるさとの酒奥飛騨飛騨のカップ酒画像の残りはここをクリック

 
(他の画像がiPhotoに吸い出されちゃってたっぽくてiPhoneの中になくなっちゃってた。あとで追加します。)

飛騨ってえと、有名なのは和牛と高山ラーメンかと。

飛騨牛中華そば

 

えー、飛騨牛中華そばです。有名どころ二つが同時に頂けちゃうってんだからすげえですね。
 

まあ、ともかく、ふた月くらい前に高山でラーメン喰った店の支店っていうのがあったから到着早々昼飯喰いに入ったわけですけども。

中華そば肉絲麺

 
本店と違ってメニューも独自なんですが、とにかくこれ。

トマト丼

 
トマト丼です。ネタとして発注したのに喰ってみたらすげえうめえ。飛騨牛とトマトがかなり合いますなあこれが。
 
あとね、これ。

けいちゃん焼き

 
帰り際の昼飯で食べました。けいちゃん焼きってんですか、うまいねえこれ。ジモ食としては本格派のうまさです。すっかりはまっちゃってもう。白飯にもビールのお伴でもいけるので、帰りに高山のスーパーであれこれ選んで買っちったよ。

週末に食べようと思って楽しみにしてたのに、冷蔵庫のチルド室に大事にしまい過ぎて埼玉にもって帰るの忘れちまいました。残念。画像あげたいけど現物信州置き去りだから、それはまた後日。

けいちゃん焼き画像はここをクリック

 

とにかく飛騨すげえ。牛とか朴葉焼きとかだけじゃねえ。
こんだあ3日位飯抜いてから行くぞう。

※このエントリーには続きがあります。