ペプシソルティウオーターメロンで泡盛が飲めるか?

ペプシ ソルティーウォーターメロンで泡盛が飲めるか?

えーとまあ、惰性とゆうか慣性というか、やめられません、泡盛はあらゆる溶媒に対応できるのか、という終わりのない検証。今回はペプシソルティーウォーターメロン、日本語表記は塩スイカ、さてどうでしょう。

えーと、今回はね、ひと月前に予告しちゃったし、誰が見てるってえほどでもないブログだけど一応責任果たしとくか、と。

ざっくりとおさらいです。

泡盛の溶媒を探求し続けるわたくし⇒泡盛が飲めるか?エビデンス

繰り返されるネタの趣旨を原点であるエントリーから引用。

溶質(割られる側)としてさまざまな溶媒(割る側)を受け入れてしまう泡盛に使えるのではないかという思いでした。なんたって発酵うっちん茶の苦味から、昔は間違いなくサッカリン使ってたようなエンダーのオレンジの毒のような甘さや、コンデンスミルクですら融合してしまう泡盛。この味だっていけるはずー

ということで、暑い中かんばって過ごした一日の夕暮れ、いつもならビールをぐいぐい行けちゃう状態のところに引っ張り出してみました。

ペプシソルティウオーターメロンで泡盛が飲めるか?

あのね、ふりかえってみたらちょうど一年前にガリガリ君梨味で泡盛呑んでるんですが、味わいはこれに近いっすね。スイカバーを泡盛入ったグラスに突っ込んで呑んでるみたいな。

結果、2杯でギブ。

ただしSHISOとかAzukiん時のギブとは違います。このまま呑み続けると4杯目くらいから味が感じなくなって泥酔コースに入りそうな危険を感じてのギブです。

ちなみに残りはスイカバー好きの小学生が飲み干してくれました。

ああ助かった。

ペプシソルティウオーターで泡盛が飲めるか?

ごちそうさまでした。