MODEST PAZ(青い軽貨物)

スバルサンバーを巡る小さなお祭りについて(画像追加した)

4/2に新しいサンバーが発表されてからTwitterの片隅で脈々と「こんなのサンバーじゃねえ」という呟きが続いています。

Twitterで「こんなのサンバーじゃ」で今さっき検索した結果。
 

※発表当日の25時頃のキャプチャがiPhoneの中にあったので追記。





発表になってからおおむね24時間経った時点でも、脈々とつぶやき続けられていました。

 

半世紀の間こだわりを持って作り続けられ2月に生産を終えた富士重工謹製のサンバー、4月2日にフルモデルチェンジということで、ダイハツからOEMされたモデルがサンバーの名前を引き継いで発売されました。
Car Watch スバル、軽商用車「サンバー」をフルモデルチェンジ
新型 スバル サンバーを発売:富士重工業株式会社 ニュースリリース

ようするに、他所様のつくったクルマに自分ちの屋号貼りつけて売るまではしかたがねえけど、それに伝統の名車の名前をつけて売るってなあどうしても納得がいかねえ、っていう人たちの叫び、ということなんですけども。

そのへんの諸般の事情はこちらから、
第141回:さよならサンバー! スバルが手がけた“ビッグな軽”を振り返る
 

前からわかってたことなんですけど、くる時が来た、と。
それをわかっててあえて皆さん叫んでるように見えます。
決してかっちょいい車ではなかったのにサンバーに思いを寄せている人が多いんだなな、と痛く感じたのでlog残しときます。

Twitter以外でもシンガポールに管理会社がある掲示板とか、クルマ専門のSNSとか、個人のブログとかでも似たような言葉が投稿されています。

そんな中でもこのツイートは秀逸

//platform.twitter.com/widgets.js

言い得て妙、です。

ともかく、自分的にはNHK様ですらとりあげた製造終了の時より、今回の出来事のほうが自分のクルマが絶滅危惧種になっちゃったことを実感させられてしまったのでした。
 

大事にのるぞう。
 
<おまけ>
これとかこれとか