沖縄音楽のネット配信に期待だ

iTMSの配信サービスが始まってぼちぼち2ヶ月になろうとしてますが、

その時書いたiTMSと沖縄音楽:2005年08月10日で、私の個人的な期待として、

『沖縄に行けばフツーに店頭にあるけど、
コッチじゃなかなか手に入れられないアーティストの楽曲が
手にはいるようになれば、沖縄音楽好きにはたまらん』

と書いたわけなんですけども、まあ、これはiTMSだけに期待しているわけでなく、
ネット配信全体に対してのの期待なんですけどね。

で、こういう期待をちょっと膨らましてくれそうなニュース。
⇒沖縄タイムス 2005年9月22日:
http://www.okinawatimes.co.jp/day/200509221700_01.html

沖縄県内を拠点に活動するインディーズアーティストを売り出している247musicがmf247と言う配信サービスを12月から始める予定とか。
なんだ、8月18日に発表になってたや(遅)。

すいません、ネタ確認しながらエントリ書いてるもんで。

や、今んとこインディーズレーベルの素材発掘的な役割が強いわけですが、
「配信」だけでなく「メディア」だと位置づけているところに期待しちゃいますね。
「メディアとしての情報発信+配信」と言う形がiTMSのおかげでどんどん定着してくるはずだから、次は中身の問題になるわけで。

個人的には、幅広いジャンルでうじゃうじゃいる沖縄アーティストの情報配信に
レーベルを横に繋いでこういうシステムが活用されると
なんかすんげえ嬉しくなっちゃうんですけどね。

高良レコードとかRIKとかコラボして、やってくんないかな。
KUWAさん、どおでしょ。見てくれるかな。

沖縄音楽のネット配信に期待だ」への2件のフィードバック

  1. >りうぞーさん
    最近気になって、iTunesの配信サービスのPodCastingってやつのぞくんですけど、
    沖縄関係の情報配信がチョビチョビ出始めてます。

    これはいつかネタにするとして。

    高良Web。ワタシは原始的で懐かしささえ感じてしまうわけですけど。
    せめて検索cgi位は実装してくれるとヨロコビで
    涙がちょちょ切れそうな気がします。

コメントは停止中です。