信州と沖縄、ジモ食コラボ食べてみた

かれこれ3年あまり信州で暮らすワタシがちょいちょいと沖縄方向のネタを発信しているのがこのブログなんですが、そんな芸風にぴったりなジモ食コラボのネタがあがってきたので飛びついてみました。
 
 

初手から画像くり出しちゃいますけども

おやき通販なら琉球おやき

どんなもんかってえとこんなかんじで。

琉球おやき
うめえぞ。

やっちゃってます。おからとパパヤーとか、ソーキだとか、タコミート(つかタコライス)とか、野沢菜とゴーヤとか、紅芋アンコとか。

うまいです。

普通のおやきはひとつ食べるとどっしりお腹にくるくらいの大きさですが、それよかひと周りくらいちっちゃくて、ふたつ三つ食べられるからいろんな味が楽しめます。

もっとアイデアを広げて個人的にはポーク卵+ナガノトマトとか、あんだんす+行者ニンニクとか、ヒージャー+信州みそ+フーチバーとか、りんごで育った信州牛+A1ソースとか、雑キノコ+ホリデーマーガリン+醤油豆とか、考えだすときりがないんですけど、がんがん展開してくれたら楽しいですね。ま、信州のひとたちのお口に合うかどうかが気になるところですが。

おやきって、信州の人サイドからみたらたぶん金払って買ってまで食べるってことはあんまりしなくて、自分ちでばあちゃんとががつくったのを食べるもん、ま、今ではそういう機会ですら多くないようですが。そんな位置づけのような気がします。

あ、でもジャスコとかで売ってるなあ、そうでもないかもなあ。
 

ともかく、おやきっていっても、ふかした饅頭みたいのがデフォルトだったり、囲炉裏の中でこんがり焼いたような「灰ころがし」じゃなきゃだめとか、強いこだわりを主張するする人もいたりします。生地も蕎麦だったり小麦粉だったり。

結局そういうのって生まれ育った自分ちの味ってことのようで、まあ、ジモ食中のジモ食ってことかと。

そんな信州のジモ食キングに沖縄のジモ食材がぐりぐり入っちゃってる。すばらしいです、この思いつき。

こういう発想がどこから出てきたかと云うとWebでのつながり。以前このブログでもとりあげたこれ。
長野と沖縄がWEB上で(勝手に?)インターネット姉妹都市 | nanseiblog.com

ここからはじまってます。
ヒト/モノの交流企画ということで生まれた琉球おやき。
今なら5種類がひとつづつのお試しセットがお手軽です。

こんど沖縄いくときに手土産で持ってってみたいなあ。
井上あたりで売らんかや?