泡盛も紙パックの時代でしょうか

ワタシにとって泡盛といえば三合瓶、次にくるのが一升瓶なんですけども、ちょろちょろと時代が変わっているのかもしれません。

いわゆるエコってやつですかね。

請福酒造から「直火請福」の一升入り紙パックが発売されました。

【楽天市場】≪泡盛≫直火請福~じかびせいふく~一升紙パック 1800ml:請福酒造

八重山の泡盛の紙パック詰めパッケージは初めてじゃないすか?

今までも、紙パック入りの泡盛はありましたが、えーと、たしか本島のヤツで、

「ペプシブルーで泡盛が飲めるか?」より
「ペプシブルーで泡盛が飲めるか?」より

ほらほら。

なんかやすっちいイメージを受けちゃいますが、今度出た請福の紙パックのデザインはちょっと違う感じです。ジャケ買い物欲が高いワタシはもう既にその気になってます。
 
上で紹介した直火請福のサイトによると、紙パックは野外レジャーに最適、だそうです。我が家も一升瓶で買ってきたのを空いてる三合瓶に入れ替えて保管してるから、瓶の始末に困らなくていいなあ。

こういう包装のシマー買ったらエコポイント付くっていうシカケはどうかな?だめかな環境省?
そんな問いかけをすると今までの瓶製品に環境税上乗せするとかいいだしそうなのでだまっとこ。