離島を渡るオレンジのジェット機の姿に涙

後にも先にもいっぺんだけ、初めて石垣島にわたったときに乗ったオレンジの飛行機、忘れられません。

今のJTA、以前の南西航空。このブログのカラーイメージもあのオレンジ色のヒコーキが原点です。
ずんぐりむっくりした、イルカのようなフォルムのB737-200が大好きでした。

その雄姿が写った30年前のフィルムが宮古島の公民館で保存されていたそうです。
みゃ~くてれび – 南西航空 30年前の観光フィルム

なんかだいぶ色あせちゃってて保存つうより放置だったのかもしれませんが、昭和のにおいがプンプンです。出てくる女性たちの姿やリアクションが眩しすぎます。こっ恥ずかしくって軽く痛みすら感じるのは年をとってしまったせいでしょうか。

ニシザト通りの画像がいいなあ。

屋根のないタラップを降りてマッカーサー気分で島の土を踏み、ターミナルビルまで炎天下をてくてく歩く。っていうのが好きだなあ。宮古空港じゃ無理だし、石垣空港ですら歩いたほうが早い距離なのに、ランプバスが待ってるからね。今はできないのかな。最後はいつだったんだろ。

などという思いにふけられる動画です。

つか、シマ行きたいよ!