シェルターハーフテントを発掘してみた(去年の夏だが)

20年くらい埋蔵されてたシェルターハーフテントをて使えるようにしてみたログが去年の夏から眠ってたのでUPしときますよ。

シェルターハーフテントってえのは二人1組で一式になる軍用テントで、パップテントとか言われたりします。

ワタシのヤツは20年くらい前に那覇の放出品屋さんで買った1940年代ものと1960年代物のハーフ&ハーフ。

1996年9月9日の国際ショッピングセンター
多分この時に買ったと思う。
で、そのあと何回か使って、道具が増えるにつれストック場所の奥へ奥へと閉じ込められて埋蔵状態に。

去年くらいからinstagramの中で画像がちらりちらりと目立つようになってきて、そういやあ俺も持ってたし、でもどこ行っちゃったんだろ、と野営道具埋蔵品コンテナから引っ張り出してみたら、随分と年代を感じる強い香りを発していたのでたまらず洗濯。

本体は洗って綺麗になったけどロープがすっげえ汚くて香りもすごかったのでパラコードに変えることに(脱線)。

で、POLON-Tが残ってたので試し張りの時に塗り込んでみたりして。

そして避暑野営で個室として使用。

POLON-T、キャンバス地にもそれなりに効きました。朝露弾きまくってました。すごいね。ちなみに、
POLON-Tは人間様が吸い込むと随分と有害となる可能性が高い成分が含まれているようです。本来換気や吸引保全の装備を整えたプロ用の資材ですので、プロでない人の一般使用はお薦めしません。

自分はやっといてなんだよ、と言われそうですが、そんときゃ知らなかったもんで、どうもすみません。

最近は片面にファスナーを取り付けて開閉を便利に改造したりするのも流行っているようですが、そこまでやんなくていいかなと。あっつい時期に片面全開で気持ちよく寝たいし。

ともかく綺麗になってよかった、ということで。

いびき専用離れとして活用(近所迷惑)

 
 

 
 

コメントはこちら