コールマン508Aと290Aレストア1(発見時の姿)

コールマン508Aをゆるくレストアの1(発見から様子見)

長いことほったらかしてた野営道具のコンテナから出てきたコールマン508Aの再生を思い立ったけどかなりめんどくさいことになっちゃった記録

古いコールマン508Aが出てきました。92年4月製のワンレバータイプ。はるか昔、誰かに譲ったような記憶がうっすらあったので出てきた時にはちょっとびっくり、ふりかえってみれば20代の頃、南は石垣島の米原キャンプ場から北は羅臼とか呼人浜とかまで旅を共にしていた道具ですから、これからの人生に改めておつきあいいただくことにして化粧直しをしてみることにしました。

コールマン508Aと290Aレストア1(発見時の姿)
発見時の姿。なぜかケースがなくなっていて、本体だけが古いウエスに包まれてビニール袋に密封されてた。

こんだけ錆びてりゃあ完全なレストアは無理っぽいけども、ゆるくレストアしてちびちび綺麗にしてあげればいいかな、ということで早速分解。ところがバーナーリングの大ネジのさびつきが激しすぎて全く回らず。MD-40たっぷり吹いて一週間浸透させて電ドリでぐりぐりしたけど回らないどころかねじ山が削れてただの四角い穴に。ネジ一本で絶望してたらふとネジザウルスがあることを思い出して使ってみたら一発で解決、何かいろいろ無駄にした気分。

コールマン508Aと290Aレストア2
ネジザウルスは偉大なり。削れた穴が四角くなってる。ネジはインチサイズだったけどホムセンでなんとか探して新品に。

コールマン508Aと290Aレストア3(なんとか解体)
何とかバラバラにした。バーナー取り付け部分は、新しいタイプはアルミ製でナット留めのようだけど92年製はスチール製でリベット留めだったのでそのままにした。

分解してみるとサビは別として大きな破損はなく、ポンプ部分とかバルブとかの調整すれば使えそうなかんじ。

コールマン508Aと290Aレストア4(ポンプカップ交換)
スッカスカのポンプフランジャーを抜いたらポンプカップがボロボロに砕けた。十数年置いとくとこうなっちゃうらしい。

コールマン508Aと290Aレストア5(チェックバルブ付近様子見)
チェックバルブ周りはぴかぴか(に見えた)のでメンテ割愛。

ということで、ポンプカップ替えてポンピングしてみたらぐいぐい手応えが回復、バルブを開けたらバーナーからエアーが元気にシューシュー言ってるし、タンク内のサビがほとんど見られなかったので復活可能と判断、外見の手入れを優先させることにしたのでした。
 

(次回タンクの塗装剥がしからの再塗装につづく)
 
 

コメントはこちら