カープと俺〜13年分の投稿から

今週に入って、ワタシに向けてなんであんたがカープファン?という問いかけが頻発してます。ぐだぐだ語っても格好良くないので黙ってるんですが、あんまり目に留まらないであろうこの場所で過去の投稿を掘り出してその代わりにしてみようかと。

その前に、

えー、今年はめでたくサーバーとドメイン契約更新の通知メールに気付けたので、つつがなく更新が出来ちゃいました。1年延長です。

毎年が延長戦のようなこのブログですが、14年目に入っちゃいました。すごいね。
 

で、優勝試合を眺め倒したお店で居合わせた他球団のファンの方はじめ、各方向から東京生まれのあんたがなんで?という問いがちらほらあって、だからと言って一言で説明できるもんでもないし、語ればくどいし、どうしたもんかとまごつく始末。

ということで、ちょっとした巡り合わせで、マジック1で迎えた試合を低迷期しか知らない世代のカープファンと二人でテレビ観戦。

メコンウイスキーとソムタムとカープ優勝戦
神田界隈のめぼしい広島系のお店はことごとく予約で満席。ようやくめっけたテレビのあるお店でソムタムを肴にメコンウイスキーを片手に観戦。試合開始前に2杯、1イニングに1杯づつくらい飲んだ結果、泥酔。

25年ぶりなので広島の街がいろいろすごいことになってるしカープ坊やも泣いてるし。
%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-11-10-27-16
興奮冷めやらないところで、長いこと続いてきたこのブログを見かえしてみれば、カープについて語っちゃってるエントリーがあったので、ふたっつばかり選り抜いてみました。

一つは今から数えると11年前。カープ平成の低迷期のエントリー。

→“野村謙二郎の引退と広島カープ

もうそんな前なのか、今よりはワタシもずいぶんと若かったなあ、と愕然するほどの暑苦しい内容、とはいえ思わぬ方からのコメントがあってちょびっと反響のあったエントリーでした。
 
もう一つはやはしこれ。
スタメンもローテーションも頑なに崩さなかった古葉監督でしたがこのときは違ったという遠いけどエキサイティングな記憶。

→“ミムさんの一打を忘れない

赤ヘル時代の末期、後楽園球場での名勝負の記憶はミムさんの2塁打、これは感動した。
  
このつぎ25年後とかになっちゃったら、なんと後期高齢者になっちゃうくらい将来なので、少なくとも今月いっぱいは喜びを堪能させていただきます。
 
 

コメントはこちら