りんご箱、すのこ、コーナンラックとかステイン塗りたくり

この冬はあれこれ野営道具の整理をしてます。あれこれ処分したり新しいものを手に入れたり。そんな道具を収めるためにちょっと手間かけてみました。

もともと登山道具メインでやってきた野営生活ですが、家族が増えたり、腰痛めたり、30年くらいやってるので道具が増えるのもあたりまえ、もともと物持ちはいいほうですけども、あったかくなるまえにいろいろ整理して、持ち出す道具をシンプルにしようと思い立ちました。

で、必要なのは道具を収めるケース。

去年の秋に勢い余って買ったコーナンラックがあるので、これに加えて収納用にりんご箱を手に入れました。そのまま使うのも味気ないので色味を統一するつもりでステイン塗装をすることに。休日の昼過ぎにゆるゆると始めて、適当に塗りたくっても自分的にいい感じになることがわかってステイン熱が上昇。ついでに洗濯バサミまで染める始末。作業の手順は画像のキャプションで。


 

翌週、天気がいいので思い立ってコーナンラックよごし。前処理なしで着手。


 

行く回数が増えたホームセンターで発作的にりんご箱のパーツとしてサイズあてずっぽうですのこを衝動買い。で、衝動塗り。


 
日が暮れかかって、それなりに色味が揃ったと感じたところで終了。
偶然とはいえすっきりぴったりはまって実に気持ちがいい。画像で綺麗に見えるようなところでやめとくのが自己満足ってえもんだなということで終了
偶然とはいえすっきりぴったりはまって実に気持ちがいい。画像で綺麗に見えるようなところでやめとくのが自己満足ってえもんだなということで終了

スノコは上に置いたり、下に敷いたり、なにかと使えそうなのでタープの下がすっきりしそうな気がします。
 

んで、おぼえがき。

  • 使った塗料はニッペの木部用水性ステインカラー(オーク)
  • 水性は塗って拭き取ると木目が浮きたつ。ムラもないし。
  • ステイン塗装はさげ缶に出す前によく混和する。
  • 水性だからってさげ缶に出したまま放置すると濃縮する。
  • さげ缶はディスポのお安いヤツが使いやすい。
  • 素人は油性使わないほうがいい、っていう本職のアドバイスがあったから。
  • ステイン塗装は素材を汚すつもりで塗るのなら腕前関係なし。
  • だけど刷毛の塗料はよくきって強めに何度も塗ったほうがいい感じになる。
  • 刷毛は100円ショップよりホムセンのが安い。サイズによるけど。
  • 水性は乾くのに時間かかるだ。寒い時期だし。完全に乾くのに半日かかる感じ。

ステイン結構余っちゃたけど、もう当分塗るもんなくてもいいや。腰痛いし。
道具整備の課題はほかにもあるしね。
ということでたぶん塗装関係はひと段落ということで。
 
 
あ、
 
ウッドポール塗ってない!