軽井沢ウイスキー蒸留所の最期

かつてオーシャンウイスキーを作っていた軽井沢ウイスキー蒸留所跡地がいよいよ最期、ということで一般公開されました。

軽井沢蒸留所っていうのはこういうところです。
軽井沢蒸溜所(閉鎖)January 28, 2013 | WHISKY Magazine Japan

残されたストックの一部は秩父にもあるようです。
軽井沢の終焉とこれから | WHISKY Magazine Japan

末期は美術館になっていた施設が完全に閉じられたのは私が信州を離れる直前の2012年、敷地は地元の御代田町が美術館の建物を活かして町役場として使用するそうです。そして滅びてしまうかと思われた蒸留設備はウイスキーづくりに取り組んでいるガイアフローディスティリングによりひきとられ、現在建設している静岡の蒸留所に移設することになりました。

が、

今回の公開の直前に出されたプレスリリースによると老朽化が随分進んでいるようで使用不可能なものが多く、一部は修繕により再び火が入り、一部は歴史を語る展示物となって遺されることになるそうです。

ということで、ここ最近お腹に小石を抱えていて半月ばかり脇腹から痛みが退かないような体調でしたが、信州暮らしの頃には幾度となくその前を行き来したあの場所が最期と聞いちゃあ気持ちのざわつきが収まらなくなり、頑張って軽井沢まで足を運ぶことにしたのでした。

軽井沢蒸留所2015102502

軽井沢蒸留所2015102503

軽井沢蒸留所2015102504

軽井沢蒸留所2015102505

軽井沢蒸留所2015102506

軽井沢蒸留所2015102507

軽井沢蒸留所2015102508

軽井沢蒸留所2015102509

軽井沢蒸留所2015102510

軽井沢蒸留所2015102511

軽井沢蒸留所2015102512

軽井沢蒸留所2015102513

軽井沢蒸留所2015102514

軽井沢蒸留所2015102515

軽井沢蒸留所2015102516

軽井沢蒸留所2015102517

2012年に敷地が閉鎖されて3年経ってるので、特徴だった蔦も枯れてたり、樽の貯蔵庫もからっぽだし、どことなく廃墟のはじまり的な風情になっていました。

今となっては新しい蒸留所で末長く息づいていてれることを祈るのみです。
 

#追記
ガイアフローのブログで様子がアップされました。
軽井沢ウイスキー蒸留所の一般公開を行いました! | GAIAFLOW BLOG