コーナンラックが手に入ったので定番のベルトつけた

キャンプする人の中で去年くらいからじわじわと話題になってるコーナンラックを手に入れたので、定番のベルトつけなど

いやその、いつもより深めに酔っ払った仕事がえりの電車の中でポチッとやっちゃったようです。しかも2台分。うっすら記憶にあるのは、9月いっぱいWebで買うとお安い!みたいな表現、で、じゃあ2台!みたいな反応したっぽいこと。

で、速やかに荷はとどいて、開けてみて、セットしようとすると、棚板がパタパタして裏返ったりして3段揃えるの大変だったり、たたむ時も指挟んだりしてかなりイラついたので、やはしこれは定番のベルトをつけなあかん!ということに。

酒のんで、 酔っ払って、 池袋で準急に座れて、 コーナンのホームページ開いたとこまで覚えてる。
酒のんで、
酔っ払って、
池袋で準急に座れて、
コーナンのホームページ開いたとこまで覚えてる。

50円/mの25mm幅のナイロンテープとバックルとベルト留めをホームセンターで買ってきて、天気の悪い休みの日に取り付け。
座金があったから使ってみた。木ネジはウチにあったφ5mm×16mmと20mm(適当)。
座金があったから使ってみた。木ネジはウチにあったφ5mm×16mmと20mm(適当)。

まずは穴あけ。
でまず、それぞれの段のパタパタしてる側の桁に穴あけ。貫通するまであげなくてもいいと思う。
でまず、それぞれの段のパタパタしてる側の桁に穴あけ。貫通するまであげなくてもいいと思う。

テープ側も準備。
バックルメス側の準備。一番下の段に来るところ
バックルメス側の準備。一番下の段に来るところ

ぐりぐりと木ネジをねじ込んでいきます。
バックルオス側もテープとおして、ネジ通す用の穴あけて、座金で固定しつつねじ止めを3セット。
バックルオス側もテープとおして、ネジ通す用の穴あけて、座金で固定しつつねじ止めを3セット。

とくに支障なく作業は終了。
作業終了なり。各棚板を渡るテープのテンションはやはし緩めが良いようです。
作業終了なり。各棚板を渡るテープのテンションはやはし緩めが良いようです。
上の画像ではまだ上の段から長くテープが伸びていますが、バックルのオス側を最上段から10センチくらいのところに来るように調整してカット、ゆったりめでテープは一台分150cmくらい必要でした。
テープのとり廻し方はいろいろあるけれど、短くしたければこの止め方が良いようです。

んで、バックルはめればいい感じでまとまってくれました。
んで、バックルはめればいい感じでまとまってくれました。

で、ベルト換える時とかのために覚えがき。間違えると思考がこんがらがります。
【ここ大事】バックルとベルト留めの向きはこう。
【ここ大事】バックルとベルト留めの向きはこう。

ということで、小一時間で2台分完了。

たたんだ時の状態はこんなかんじ。
たたんだ時の状態はこんなかんじ。

流行りものにはあんまり手を出さないけど、使いみちのイメージが湧くものだと、手が伸びちゃうもんですね。タトンカのタープも準備万端だし、つぎのキャンプが楽しみになります。
 

問題はいついけるか、だなあ。
 

コーナンラックが手に入ったので定番のベルトつけた」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。