アイスの道131 川越市場の森のビュッフェレストラン

桜が開花、ということで花が眺められる市場の場外のビュッフェに行ってみましたよ。

まあ、残念ながら桜の花はまだまだでしたけども。

市場から直に運び込まれる(じっさいに市場の中の人がターレットに白菜を2個だけ裸で荷台に積んで店に届けてた)地元の野菜をたらふく頂きました。

痛風持ちなので、お野菜多めなお食事をしなきゃね(たまには)
痛風持ちなので、お野菜多めなお食事をしなきゃね(たまには)

野菜を美味しくたらふく頂いたあとでデザートをば。

豆乳ベースであっさりめのソフトクリームにりんごのコンポートのシロップをたっぷり目にかけていただきましたですよ。
豆乳ベースであっさりめのソフトクリームにりんごのコンポートのシロップをたっぷりめにかけていただきましたですよ。

で、このお店、名前がそのままロケーションを表現しています。

ロケーションに合わせてうまいことできてるお店。「小江戸の軽井沢」というコンセプトは市場の場外っていう固定観念からいい感じでとっぱずれていて大変好ましいです。
ロケーションに合わせてうまいことできてるお店。「小江戸の軽井沢」というコンセプトは市場の場外っていう固定観念からいい感じでとっぱずれていて大変好ましいです。

説明がめんどくさいのでお店の詳細はこちらから。
川越市場の森のビュッフェレストラン「Market TERRACE」(マーケットテラス)

ちなみに「小江戸の西麻布」という位置で川越の街中にも系列のお店があります。
CAFE&BAR&PARTY「KOEDO LOUNGE by Market TERRACE」(コエド ラウンジ)

ということで、ごちそうさまでした。

なんだか「アイスの道」というカテゴリーは始めた当初と比べて様変わりしてますけども、目的と用途ってえのはこうやってじわじわ変化していくもんなんだろう。だぶんそうだ。