富士製パンのようかんぱん+杉山フルーツの生ゼリー

去年の夏に食いっぱぐれたようかんぱん、やっぱり現地で手に入れたくてサンハトヤに泊まった翌日足を伸ばしてみました。
 
特にどこ行こうってのはなかったもののなんとなく、あの杉山フルーツの生ゼリーもう一度!とか、ハート型のみしまコロッケ!とか、いろんな要望が富士市方向に向いちゃってました。天気も悪かったし。

なんか松坂屋の跡に店出すとか噂ありますが、どうなんでしょうねえ。
なんか松坂屋の跡に店出すとか噂ありますが、どうなんでしょうねえ。
で、喰いっぱぐれた去年の夏はお盆真っ只中なのに工場併設の直営店に突撃、っていう我ながら雑な行動をしてしまったのが失敗の原因ということで、ちょちょっと調べてみればあっという間に情報固めができちゃうんだから、行く前に調べろや、ってことなんですけども。

んで、商店街の「まつかや」さんで難なく購入。
このお店自体とても興味のある雰囲気のお店でした。

ようかんぱんのようかんぱんだは三兄弟のようです。
ようかんぱんのようかんぱんだは三兄弟のようです。

富士山デザインもあり、パッケージのデザインはまだ他にもありそう。
富士山デザインもあり、パッケージのデザインはまだ他にもありそう。

まさに今、はやりもののみしまコロッケと並んで記念撮影
まさに今、はやりもののみしまコロッケと並んで記念撮影

とても複雑な構造をしていて量産できそうになさげ。 すごく甘いけど、食べ進めると尾をひく旨味が攻めてきます。 疲れた体にかなり効くはず。
とても複雑な構造をしていて量産できそうになさげ。
すごく甘いけど、食べ進めると尾をひく旨味が攻めてきます。疲れた体にかなり効くはず。

羊羹+クリーム+あんこ、断面を見るとクリームの下の部分にも羊羹が仕込まれていてともかく手の込んだ甘さに圧倒されます、すごいです。4分の1しか食べてないけど半日口の中が甘かったです。

そして、webでの調査の結果、北海道にはかなり奥深いようかんぱんの世界があることを知ってしまいました。

DPZでも特集されてました。
北海道旅行で時間が余ったらようかんパンを探しに行こう – デイリーポータルZ:@nifty

日本は広いです。北海道はちくわパンだけかと思ってました。
ハマらないようにしなきゃな。

ちなみに富士製パンのようかんぱんは富士市に行かなくてもFAX通販で買えます。
ですが、甘いもんに目がないかたには是非吉原本町商店街に足を運んで、現地で手に入れて頂きたいです。
 
数えてみたら2011年から4回足を運んでいました。
どことなく惹かれちゃう雰囲気を感じちゃう場所です。

甘いもんと昭和好きの方は是非。