カープ酒の旅路028 オフシーズンの聖地巡礼

シーズンオフで年末年始というタイミングとはいえ、カープファンのワタシが広島の街に入ってみれば、聖地の熱にあてられてすっかりのぼせ上がってしまいました。
 
まあ、本来はスタジアムで試合見る、ってえのが本来の聖地巡礼のはずですが、そこは年末、願っても無理なこと。現に広島入りした時点でカープ球団に関するすべての商売はお休み、カープ気分はそれほどで高まらずにいたんですが、実際街にでれば否が応でも、

カープにまつわる場所には行かざるを得ないわけです。ちなみにカープロードのマンホール、実際めっけて感動しちゃったわけですが、試合のある日にはスタジアムに向かう人はカープファンでもこれ踏んづけてるんすかね。妙に気になっちゃってます。
  
昼でも夜でも街をほっつき歩いて、そこいら辺の店に入れば、

なんかもう聖地すぎるんじゃあないのか、この街は!
なんかもう聖地すぎるんじゃあないのか、この街は!
駅の売店から、ドラッグストアやスーパーの片隅にだって、観光客の集まるところ以外でもカープはがんがん主張してきます。遠くから聖地に来たカープファンにとってはすごい圧力ですした。
 
新大阪駅とかで阪神タイガース系商品が並んでるのを見かけてもなんにも感じなかったけど、実際カープ関連のモノがあっちこっちに並んでるとだんだん気持ちが盛り上がってきますね。つか、大阪のタイガースブランド濃度より広島のカープブランド濃度の方がかなり高いんじゃあないかと。
 
ということで、ようやく本題。

最後に空港ロビーでイッパイ(到着機材遅れのせいにしたけどね)。