カップ酒の旅路026 広島ジモ乳ジモ食呑み喰いログ

広島飲み食いログ、朝からお好みお見舞いされたり、チチヤスのジモ乳っぷり見せつけられたり。3日間で腹の中に収まったうまいものの数々。

まあ、事前に人から聞いてこれだけは喰っときたいと思ったのはあまりなかったんですが、ジモ食好きとして注目してたのはこれ。

みやけやのがんす
帰りのヒコーキの中で堪能。機内の人、におわせてごめん。
自分的にはこの画が今回の旅のイメージ。帰りのヒコーキの搭乗直前に発見。がんす、喰えてよかった。
 
そのほかピックアップすべきなのをいくつか。
ワンコインベーカリー 紙屋町店の広島珈琲あんぱん
通りすがりのパン屋さんの店頭でめっけた。うまい。
調べてみたらワンコインベーカリーというお店でした。
パンといえば広島はアンデルセンの本店があるっていうところが一般的な旅の知識だそうですが、タカキベーカリーの勢力にも随分圧倒されました。

そして強い気づきを与えてくれたのがホテルで迎えた朝食。前の晩さんざん呑み喰いして締めにお好み喰ったばかりの状況で、

この街は朝からお好んでおられるとですかー!
この街は朝からお好んでおられるとですかー!
バイキングなのでスルーできたんですが、これがホテルのおもてなしなのかも、なんていう自意識に押されて、義理を果たすことに。この時点でお好み焼き欲は完全終了。
 
さらに思い知らされたのがこれ。
チチヤス(赤)
なぜ、ホテルの朝食にチチヤスなのか、という疑問が脳内を高速で巡る
チチヤスって広島の企業だったんですね。ジモ乳好きに気づきが生まれた瞬間です。これでチチヤス探求心が一気に開花。探してみたらいるいる。売り場一面チチヤスヨーグルトとかのシーンにびっくり。

すげえ立派なジモ乳っぷり、降参です。すっかりチチヤスに視点が行っちゃったので本来の目的の「がんす」の存在が薄れちゃいました。
 
そして呉。大和ミュージアム横のカフェのカレーがかなり高得点。

ビーコンのカレー。ザ・中辛、とてもうめえ。
ビーコンのカレー。ザ・中辛、とてもうめえ。

最後に、帰りのヒコーキが遅れたおかげでありついた空弁が大ヒット。
広島空港の空弁稲荷、くそうま。
広島空港の空弁稲荷、くそうま。

 
まあ、そんなことで何かめっけちゃあ喰いを繰り返し、三日間腹パン状態でした。残りは得意の羅列で。

実は画に残ってないけどこの他にもにぎり天喰ったり、煎餅喰ったり、もみまんに至っては試食だけで随分量いっちゃったりで、正月を前にしてすっかり喰い疲れる始末。
 
課題はあれこれ残ったけど、よく喰いました。
 
ごちそうさまでした。
 
 
(広島ネタまだまだ続く)