ニッポンの夏、ふじちゃん人気に嫉妬〜サンバーに給油した076

世界遺産登録ってえのはどんだけ効果があるもんなんだろ…PAZという名の青い軽貨物(スバルサンバー)で走った移動とネタと生活のログですよ。

まずはログ。
 
#給油した076

//platform.twitter.com/widgets.js

四人乗って野営道具ぎっしり積んで、全力でクーラーかけて扇風機ぶんぶんまわして、高速や山ん中登りくだりしまくった軽自動車の燃費なんてなあだいたいこんなもんだろうと推定。
 
ところで、この燃費ログは毎年恒例の西湖避暑野営にいったときのものだったんですが、いった先の富士山周辺が世界遺産登録の影響なのか今までと微妙に様子が変わっているようでした。観光地がかわった、というより観光客を受け入れる側がかなり活性化してる、という感じです。
 
わかりやすくいえばカネが廻りはじめて活気出てるんじゃないか、と。
 
ともかく富士山を素材にした土産物が増えてる増えてる。

のしがかかってます。
のしがかかってます。
いろんな富士ちゃんが増殖してます
いろんな富士ちゃんが増殖してます
Fujichanが何色もいることがわかります
Fujichanが何色もいることがわかります
ふじちゃんとか富士ちゃんとかFujichanとか増えすぎ。
テンプレは揃ってないけどデザインが全部似ちゃうっていうところがさすが富士山。

一番素敵だったのはこれ(大ウケ)

世界に誇るひんのなさ 富士山をこうまでしていいのか (いいと思う)
世界に誇るひんのなさ
富士山をこうまでしていいのか
(いいと思う)
でるでるふじちゃん(2014年8月修正、翌年確認したら「でるでる富士山」でした。)、といいますが他にもおっぱいだったり、鼻血だったり、飛び出す部分を換えて全部で4種類がありました。まあ、なかなか売りづらいのか売られていたのは一カ所だけでしたけども。

しかしながら、これはむかしからある、ひょっとことかだるまの目ん玉が飛び出るキーホルダーのメカニズムが使われていると思います。いわば昭和の技術を活かした製品デザイン、世界遺産を素材にどうなのかということを問われそうですが、世界から集まる観光客に誇る日本の伝統技術じゃあないかと、ワタシは信じて疑いません(きっぱり)。
 
とかいいながら、買わなかったんですけども。
正確には買おうとしたら却下されたんですけども。
 
んで、我が家は定番の信玄餅さえかわして、いつもこれ。

まあ信玄餅も買いますけどね。年寄り用に。
まあ信玄餅も買いますけどね。年寄り用に。
あ、あとちょっとぶったまげてコレ買いました。
よく考えたらキャップだけじゃねえか。特徴あるの。
よく考えたらキャップだけじゃねえか。特徴あるの。
キャップを買ったと思えばいいさ。
 
ともかくすげえなあ、ちゅらさんの時の石垣島の比じゃないよ。
世界遺産登録ってえのはすごいんだと今んなって実感。
 
まあその、ユネスコから3年っていう注文つけられちゃってるみたいだし、いつまで続くかってことで早めの勝負にでてるんでしょうか?
  
まあ一番危ういのはでるでるふじちゃん、だろうなあ、これは残念なことだけどなあ。
 
いろいろあったけど今回の最大の土産はこれ。
ケイリンの焼肉のたれ(うめえ!)
しょうゆとこしょう、甘くない。
シンプル。うまい。
ハイランドのそばにのいちやまで見つけました。沼津の鶏林食品だそうです。いいもんめっけた。
 
 
以下おまけの画像ログ。
盛り上がる富士山関連食品もいろいろあります。

以上ログ終わり。
来年もいけるかな。