高原のパンやさんの高原の牛乳パン

佐久から野辺山高原に向かう道すがらに、高原のパン屋さん、というど真ん中なネーミングのパン屋さんがあります。

小海の町から松原湖に向かったあたりの登り坂の途中にあって、川上村とか野辺山あたりに遊びに行く途中の道すがらになります。

信州暮らしをする前、たぶんこんときに買い出しで立寄ったので、このど真ん中ネーミングのパン屋さんのことは知っていたわけですが、その後信州で暮らすようになって、あるときふとあのパン屋さんには牛乳パンは売られていないのだろうか、と思い立って何度か足を運んでみたものの売られていなかったのでないもんだと思っていたらば、だ。

高原の、とはっきりした主張。高原だもの。
高原の、とはっきりした主張。高原だもの。

お店ではなく、佐久市内のスーパーの売り場にふつうに並んでいたのでした。
めっけた時は結構エキサイテッドな気分に。

裏返したら身元確認ができました
裏返したら身元確認ができました

  
パッケージを開くと、ちょうどいい量のクリームがいい塩梅に生地の間から覗きます。

生地の狭間から高原育ちのクリームが一直線になって存在を主張してます
生地の狭間から高原育ちのクリームが一直線になって存在を主張してます

手にしたところ結構ずっしりくるかな、と思っていたらば以外と生地はふんわり。

パン生地はふんわり、それほど重くはなかったです
パン生地はふんわり、それほど重くはなかったです

いままでいろいろ食べてきたのをふりかえると、牛乳パンってえのはクリームを境に上半分の生地がふんわり、下はしっかり目っていうのがいい食感になるようです。

高原のパン屋さんの店舗はセルフチョイスのベーカリー方式なので、ビニール袋に包装されているものはスーパー向けに限定して作られているものと推定。

ちなみに、スーパーでは牛乳パンだけでなくこんなんも発見。

あんバターなのはわかるんだけど、包装見てるとなんだか釈然としない
あんバターなのはわかるんだけど、包装見てるとなんだか釈然としない

たぶん、パッケージの釈然としなささは、あんバターをAn Butterって綴ってるところ。
でも、まあこれでいいのだろう。
 
 
こちらもバターたっぷりでおいしかったです。
 
 
ごちそうさまでした。